公会堂

ホーム 公会堂

公会堂とは・・・

窓際のスペースのカフェの様子

昭和7年に建てられた、今でいうところのコンベンションホール。当時はいろんなイベントの会場として利用されたりしていました。

大ホールの趣のあるシャンデリア

また、汽車旅行ブームが到来すると団体のお客さんがひっきりなし。しかしながらお客さんが夜に楽しめるものが少ないと、旅館の主人が力を合わせて素人劇を披露する会場でもあったそう。

公会堂の外からの様子

中でも、「知らざぁ言ってきかせましょう」の名台詞から始まることで有名な歌舞伎『白浪五人男』のパロディが一番人気。ゴレンジャーの元となったと言われるこの歌舞伎、各々のキャラクターが自己紹介するセリフを文字って旅館の主人が旅館の紹介をするもんだから「あれが自分の泊まってる旅館だ!」とお客さんは大喜びしたんだとか。

廊下

子どもたちにとってもその劇は楽しみのひとつだったそう。そして時には映画が来たり、お祭りがあったり、発表会をしたり、当時の子どもたちにとっても公会堂はとても大切な場所。

公会堂にある与謝蕪村の句牌

しかし近代的な建物がたくさん立ち並ぶ時代の中でいつしか使われることが少なくなってしまった公会堂。

そんな公会堂をそのままにはしておけない!当時の子どもたちが今の子どもたちへも公会堂を残したい。そんな思いが重なって、公会堂は生まれ変わろうとしています。

このページの先頭へ